オイルフリークレンジング人気ランキングまとめました

かれこれ10年以上オイルフリークレンジングを続けています

私の場合、混合肌で時々ニキビができたり、頬やアゴが乾燥しがちです。肌についてだいぶ悩みましたが、某有名な美容家さんが「1番大事なことはクレンジング」だと仰っていたので、自分に合うメイク落としを探しました。決め手は「優しく、しっかり落とす」ことでした。化粧を落とすという事は肌に負担を掛けるものですし、お仕事などで毎日メイクをする方は特に自分に合うものを慎重に選ばなくてはなりません。

 

オイルフリークレンジングで感じたことは、「肌に負担を掛けずきちんと落ちている」です。一般的に肌をこするのは厳禁とされています。シミ・シワの原因になるからです。
擦らないで毛穴の汚れまで浮かせて落とすことは恐らくオイルフリークレンジングが1番得意としている点ではないでしょうか。洗い上がりもさっぱりしていて特につっぱるようなこともありません。

 

それまで使っていたジェル等では少し肌に負担が掛かっているなと感じていたので、ずっとオイルフリークレンジングを使い続けるつもりです。某美容家さんが仰ったことは恐らく目先の肌の美しさではなく、10年や20年後も輝き続けるような肌の為を思ってのことだと思います。その為には普段からケアを怠らないこと、美肌の鍵はクレンジングにあり、ということなのではないでしょうか。
【東京都|30代|会社員】

 

低刺激でもメイクはしっかりと落ちる

落としきれない化粧品はニキビなどの肌荒れの原因になりますので、やはりメイク汚れをできるだけ徹底的に落とさなければなりません。オイルタイプのメイク落としは化粧品がよく落ちることで一時期とても流行しました。私も重ね塗りしたファンデーションを落としたくて使っていましたが、同時に治らないニキビに悩んでもいたのです。実はこのメイク落としに含まれている油分こそが肌荒れの原因の一因になっていたのです。

 

例えば化粧品を落とした後のすすぎ残しで、肌に付いた油によってニキビができてしまうことがあります。特に元々の肌質が脂性肌の方は要注意です。分泌される皮脂に加え、残ってしまった油分のせいで毛穴が詰まり、ニキビが悪化してしまうこともあります。顎などのニキビが治らなかったのはもしかするとそのせいだったのかもしれません。なので幾らメイクがよく落ちそうだからといっても脂性肌の方はオイルタイプのアイテムはなるべく使わないほうがいいのです。

 

これらを知ってから私も購入しないようにしていたのですが、やはり幾らかの油はどのジェルやクリームなどのメイク落としに含まれているものです。しかしそんな悩みを解決できたのがランキングで見つけたオイルフリークレンジングです。これは名前のごとく成分に油分を使っていませんし、それでいてメイクが落ちないということもありません。使用したあともベタツキはなくさっぱりとしていますので、脂性肌の方以外にも敏感肌や乾燥肌の方も使うことができます。今のメイク落としに悩んでいたらオイルフリークレンジングを検討してみてください。

 

オイルフリークレンジングを使おうと思ったキッカケは、まつ毛エクステでした

それまでは付けまつ毛をしていたためメイク落としの種類にこだわりはなく、とにかく化粧が綺麗に簡単に落ちるアイテムを使っていました。目元はポイントメイク用のクレンジングをコットンに染み込ませて拭き取っていて、顔全体はオイルクだったりミルクだったりと市販の様々なメイク落としを使っていました。これと言ってこだわりはなく、鼻のざらつきなどが取れれば良いなと思い、洗浄力の高いクレンジングを選びがちでした。

 

しかしマツエクをするようになり、目元にオイルを含んだクレンジングが使えなくなりました。試しに今までのポイントメイク用を使ってみたら、すぐにマツエクが取れてしまい、かなり後悔をしました。最初は目元だけオイルフリーのクレンジングに変えて、顔全体は今まで通り市販の安い商品を使っていましたが、洗い流す時にどうしても目元に付くからか、まつ毛エクステがすぐに乱れてしまい気になっていました。

 

そこで、ランキングサイトでもおすすめされていたオルビスのクレンジングリキッドというオイルフリーにして目元も顔全体も全て使ってみました。すると化粧を落とすのがとにかく楽になりました。綺麗にメイクが落ちて全くべたつきません。また、オイルフリーはメイクを落とす力が弱いイメージがありましたが全くそんなことはなく、まつ毛エクステの持ちも良くなりました。今まで様々な化粧落としを試してみましたが、オイルフリークレンジングは使用感も良いのに楽で、肌も綺麗になるのでやめられそうにありません。